スタッフブログ 記事個別|タングステン・プラチナ・レアメタルの医療用コイル・分析機器用電子銃・放射線遮蔽部品|岳石電気株式会社

記事個別ページ

スタッフブログTOPへ

* RSS FEED

Article detail

材料紹介 ~トリウムタングステン~

2018年02月13日 (火)18時30分PM

技術課の芭蕉です。
皆様、この寒い季節いかがお過ごしでしょうか?
弊社は神奈川県にあるのですが、1月の大雪では午前中の間に駐車場が一面真っ白になるほど雪が積もりました!!

 

DSC_0600

 

数年前に同じような大雪の日があり、その時は土日を挟んだ為、駐車場に積もった雪が凍ってしまいまして月曜日に車が止められなくなり、社員総出で雪かきをした記憶がよみがえります。。。
今回は幸いにも平日に雪が降ったこと、また次の日が晴天で気温も高かったのですぐに溶けてなくなりました!(雪かきもなく一安心です。雪国の人は大変ですね。。。)

 

 

さて、今回は前回に引き続きランプに使用するタングステン材料のご紹介をしたいと思います。

今回紹介させていただく材料はトリウムタングステン(略してトリタン)です。

 

トリタンの特徴としては大きく分けて2つあります。

 

①仕事関数が低い

→ 仕事関数が低いとより低温化で電子が飛びやすくなり、ランプ点灯時の負荷が減り、電極の消耗が抑えられランプの長寿命化につながります。

 

②高温化でも使用できる

→ ランプの種類によってはかなりの高温化で使用する為、高温化でも使用できるトリタンが重宝されています。

 

様々な材料メーカー様がトリタンに変わる材料の開発に取り組んでいますが、未だにトリタンを超える特性の材料開発はできていません。

 

弊社では、国内のトリタン材、及び中国メーカーのトリタン材も取り扱っております。中国材に関しましては、実際に現地に赴き、どのような工場で製造しているのかを確認しております。また、購入した材料の品質を日本材と比較して同等のものであるかどうかを社内で独自に評価を行い、日本メーカー様と同等であると判断した材料メーカー様を選定しております。

 

トリタンの材料にお困りの際は岳石電気までご相談をお待ちしております。

 

技術情報カテゴリー:
カテゴリー:技術情報

年別アーカイブ

カテゴリー

* RSS FEED