スタッフブログ

* RSS FEED

Staff Blog

最新記事一覧

中国出張記(グルメレポート満載)

2018年07月13日 (金)13時00分PM

営業の茂呂です。

まいどまいどの話題で恐縮ですが今回も中国出張記(グルメレポート)です。

さて、先月の25日~29日に中国へ出張に行ってきました。今回はいつもと違って、中国出張2回目の木村と中国初上陸になる芭蕉というメンバーで行ってきました。

中国で生活していたころは毎月のように出張で飛行機に乗っていましたが、日本に帰ってきてからどうしてこんなに腰が重いのでしょう。飛行機に乗るのが憂鬱でたまりません。

 

今回の出張目的は以前、大坂がこのブログでも記事にしていましたが、植物栽培用のランプの市場調査と売り込みがメインとなります。いまや汎用ランプのほとんどは中国メーカーに取って代わっており、コストが高い日本製はなかなか厳しい状況を強いられています。メイドインジャパンは品質が高いから仕方ない、と言われていたのはすでにはるか昔の話。その間に中国メーカーはどんどん力をつけてメイドインジャパンの足元を脅かすほどになってきています。

 

二日目は朝早くから上海のお客様を一社回り、そのまま新幹線に乗り南京へ移動。午後にランプメーカーのお客様を回り、そのまま新幹線で「常州」に移動です。常州ではお客様に手配してもらったシェラトンホテルに2泊なのでちょっと楽しみ(5つ星のホテルに泊まれるのも海外出張の醍醐味の一つですね)。

IMG_7315

さすがはシェラトンホテル。部屋におしゃれなオブジェがありました。

 

この日の夕食はホテルの人に教えてもらったレストラン(恒記飯店)で食事です。冷たいビールを頼んだのに冷えて無いビールが来るのは中国では当たり前。レストランのスタッフにおすすめ料理を教えてもらいながら注文。

IMG_7318

 

停まっている車は高級車ばかり。門構えも日本でよく利用するファミリーレストランとは大違いです。

 

IMG_7322 IMG_7323

 

冬瓜の前菜とクラゲとキュウリの冷菜

 

IMG_7324 IMG_7325

 

アワビのごはんと牛肉とねぎの炒め物

 

IMG_7326 IMG_7327

葉物野菜の炒め物と定番の揚州チャーハン

 

三日目は常州のお客様を数社訪問しました。日本の国内出張では考えられませんが、基本的に中国での移動はタクシーです。中国では配車アプリが当たり前のように普及しているので、郊外でも配車アプリを利用すれば5分以内にタクシーが来てくれます。

 

夕食はお客様にごちそうになりました。

今回の食事はなんとザリガニです。私も10年以上中国に住んでいましたが、ザリガニと鶏の足だけは食べられませんでした。ちょうどワールドカップが開催されていたこともあり、中国では「ザリガニを食べて冷たいビールを飲みながらワールドカップを見る」のが流行っているそうです。

さて、初めてのザリガニの感想は「やっぱエビがいい」。ちなみにとなりの黄色いスープに浮かんでいるのが「鶏の足」です。

 

IMG_7328

 

お酒はもちろんバイチュウ(白酒)と紹興酒です。ワイングラスになみなみと注がれたバイチュウを横目に私はビールで乾杯です。やはり初めての中国出張でバイチュウは避けられません。

 

食事も2時間を過ぎるころには二人ともお客様の手厚いもてなしにお酒に呑まれてしまいました。バイチュウと紹興酒+ビールのブレンドは悪酔いするのでお勧めしません。

ところで中国に来て改めて思うのは、ビジネス感覚(?)が違うこと。日本企業で景気が良い話はなかなか聞かないけど(とくに我々がいるランプ業界は明るい話がほとんどない)、中国企業は景気が悪い話ほど聞きません。夕食の席でも将来的なビジョンや、今後のビジネス展開など大いに話が盛り上がりました。私も過去に担当していたお客様の多く(ほとんど工場長など)は日本の本社に戻って仕事をしたくない、と言っていたのを思い出します。特にスケールの大きな仕事を任されるとやりがいもありますよね。成熟しきってしまった先進国と発展途上の新興国の違いだけなのですが、成長を感じられる中国への出張もたまにはいいかもしれない、と思える瞬間です。

 

四日目は午前中から新幹線で嘉興南駅に移動し、そこからお客様の車で移動です。昼時だったのでそのまま昼食をごちそうになりました。

場所が変われば料理もがらりと変わるのが中国。

 

IMG_7330 IMG_7331

この日の昼食はわりとさっぱり系の料理が並びました。鶏とカモの冷菜にパクチー特盛のサラダ。

 

IMG_7332 IMG_7333

湯葉の揚げ物と川エビの炒め物

 

IMG_7334 IMG_7335

キュウリ(多分違う)の炒め物とカボチャとニラの炒め物

 

IMG_7336 IMG_7337

肉団子のスープに川魚の煮物

 

木村は二日酔いなので箸が伸ばせず、ほとんど残してしまいましたが、これも中国では礼儀の一つ(食事を残す方がいい)。ただ、最近では若い人の間で「光盤(CDという意味)行動」がマナーとなっており、残さないで食べきるという考えもようやく浸透してきました。

 

最終日の夜は二人とも前日のバイチュウと紹興酒で二日酔いということで、一人自由時間を満喫。地下鉄を乗り継いで、上海に住んでいる友人たちと一緒に食事を楽しみました。しかし、上海を離れて三年、キャッシュレスサービスはさらに進んでいますね。地下鉄はSuicaなどの交通カードはすでに古く、みなさん携帯電話に表示されたQRコードを改札に当てて支払っていました。さらに食事の会計は割り勘だったのですが、現金で支払ったのは私のみ。友人たちはスマホのWe Chatに紐づけされた支付宝でスマートにお会計です。

 

IMG_7339

懐かしい上海中山公園付近の高層ビル群。

 

今回、中国に行ってみて改めて思うのは実際に会わないと仕事も進まないということ。コミュニケーションツールがこれだけ発達して、メールやライン、SNSツールですぐに相手とつながることはできるけど、手間はかけても実際に会って相手の顔を見ながら仕事の話をすることの大切さを改めて感じました。特に中国人は日本人よりも「人とのつながりを大切にする」ように思えます。

 

食べて遊んでばかりの内容でしたが、ちゃんと仕事もしてます。今回の出張も比較的大きな手土産をもって帰ることができました。

ワールドカップとスポーツ照明

2018年07月06日 (金)18時12分PM

営業の大坂です。

 

サッカーは日本代表の試合しか、ライブでもテレビでも見たことがない、正真正銘のにわかサッカーファンです。眠い目をこすりながら、全く寝ずにテレビ観戦したベルギー戦ですが、本当に惜しくも敗退してしまいました。にわかサッカーファンの良さは、サッカーに薀蓄を傾けるほどサッカーを知らないので、『あそこで、あいつが、あーすればよかった』とか『あーしなかったのが悪い』という事は全く言わず、ただひたすら『嗚呼!惜しかった!』と悔しがるだけです。

社長もブログにアップしていましたが、昔からオランダにあるP社は、特にスポーツ照明に長けています。スポーツ照明といいますと、日本でスポーツ照明が使用されたのが、1948年の読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズの野球の試合で、横浜にあった、アメリカ軍接収下にあった横浜ゲーリック球場で行われたそうです。1948年というと、終戦からわずか3年後。こんな時期から日本にスポーツ照明があったというのは、少し驚きです。ただし、世界を見ると、1879年に、白熱電球を用いたフィギュアースケートの競技がウィーンで行われたそうです。

P社の人間が言っていましたが、今回ワールドカップが行われている、ロシアの12スタジアムのうち、10スタジアムがP社製のランプと器具だそうです。その10スタジアムのうち、8スタジアムは放電灯(HID)と器具で、残りの2スタジアムはHIDとLEDのミックスだそうです。LEDはとにかくイニシャルコストがべらぼうに高いのと、HIDもLEDほどではないにしろ、かなりの長寿命というところから、HIDが使用されるケースがまだまだあるそうです。

ワールドカップは今夜からいよいよ準々決勝が始まります。日本が負けたベルギー対ブラジルの試合が明日の午前3時から。俄かサッカーファンの予想では、これが事実上の決勝戦と見ていますが、優勝の行方はいずこに?

W杯。今日決戦の日!! 岳石電気の製品も現地で・・・

2018年07月02日 (月)18時31分PM

こんにちは!! 今日は東京でお客様と打ち合わせをして、あまりの暑さに倒れそうになったタコ社長です。

さて、ワールドカップロシア大会。日本代表16強進出、おめでとうございます!! 梅雨が明け猛暑の中、ビール飲みながら熱い戦いを観戦できる。幸せですねぇ~。これも選手たちのこの4年間に掛ける思いと努力のおかげ。本当に心から応援したくなります。頑張れ!!ニッポン!!

今夜の決戦はナイター(現地時間午後9時~)。前回の35℃の日中の猛暑の状態から、約25℃予想と、少し涼しい状況で試合が出来るようです。体調万全で素晴らしい試合が出来るといいですね。

ナイターですので、スタジアムは眩いばかりの照明・ランプが熱戦を明るく輝かせます
実は今回のロシアワールドカップのスタジアム照明。光っている部分のコアパーツ(発光素子・タングステン電極)は、我社、岳石電気製のスポーツ照明の電極が利用されています。

shape_electricity01_L

この熱い戦いに、岳石電気の製品が参加できるなんて・・・・町工場やっててよかったなぁ~。私は元々サッカー部出身なので、ホント、感無量!!感慨深いです。

そして、なんと、私たちの電極を使ってランプ・照明を製造しているのは、世界的に有名なオランダのP社で、製造拠点の中心は「ベルギー」!!。私も何度も出張しています。今日、東京で打ち合わせしたのも、このお客様でした。

本日のベルギーと日本代表の戦い。

それを、我社岳石電気とベルギーのP社が協力して、演出・サポートできる。。。。
なんだか不思議な縁だなぁ~。

field_lighting02

今までのベルギーとの対戦成績は日本の2勝2敗1分け。日本の方が対戦成績では上です。しかし、直近のベルギーは化け物級に強くなっていますから、アテになりません。しかし、日本代表だって、当初の下馬評では最弱代表とかおっさんジャパンとか言われていましたが、ここまで来てくれました。

何が起こるかわからない今夜!!

でも、我々の照明には、何も起こらず、安定して、この熱戦を、後世に残るような映像として、輝かせると思います。

深夜になりますが、みんなで、応援しましょう!! 頑張れ!!ニッポン!!

将来を見据えて

2018年07月01日 (日)17時06分PM

みなさん、暑い中いかがお過ごしですか?

関東地方は、例年より大幅に早い梅雨明けで、夏本番真っ盛りです。

 

熱いといえば、ワールドカップ日本代表も決勝トーナメント進出で盛り上がってますね。

私もサッカー小僧で、小1の頃からボールを蹴っていて、小3からチームに所属し、膝を故障する33才までずっと、サッカーを楽しんできました。

プレイするのが好きでしたので、観戦は好きでないのですが、さすがにワールドカップは、応援せずにはいられません。

 

ちょっと残念なのが、予選リーグ最終戦のポーランド戦の後半の試合運びに関して、賛否両論の意見がクローズアップされすぎ???

個人的には、3試合をどう戦うかの予選を、しっかり突破できたことが何よりも大事なことだと思います。

攻めても、守ってもどちらでもリスクがあり、それを総合的に判断し、最良(言い換えれば悪くない方)の選択をして、ルール・規定の中で結果を出したことに賞賛を送りたいと思います。

 

JFAでは、2050年までに、ワールドカップを自国で開催し、その大会で優勝国となる、と目標を掲げています。

今回は、まだその通過点で、将来を見据えるのであれば、予選突破は当たり前 → ベスト8、ベスト4に絡む実力国になる、といった段階を経ていくものだと思います。

次のベルギー戦、是非勝ってもらいたいですね。

 

話は変わりますが、今週の金曜日まで、中国に出張に行っておりました。

既存の顧客との技術的な議論、今後の生産状況の確認など、また、あらたな仕事につながるような可能性を探る複数社の行脚でした。

詳しい話は、担当から紹介があるかもしれませんので、この辺で。

 

その中国出張中で気なったのが、車(特にタクシー)の多さと、現地でのBYD社のリチウム電池の増産計画の話。

将来のEV車への転換を見据え、各企業、各国が取り組でいるものの、資源の確保から生産までを一貫体制ができる中国は、やや先行している感があると思う。

 

日本では、諸外国に比べ、新エネルギーへの取り組みが遅れているようですね。

原子力発電、スマートエネルギーの将来を見据えた取り組みについては、国の主導するところも大きいので、引き続き注意深く見守っていきたいと思います。

 

岳石電気では、将来を見捨てた新規開発、部品加工などで皆様のお役に立てるよう取り組んでまいりたいと考えております。

前回のブログ(島田担当)でも紹介したポーラスタングステンの構造を利用して、フィルタやキャパシタなどで用途があれば、是非お問い合わせ下さい。

 

 

 

ポーラスタングステンの表面加工

2018年06月22日 (金)16時56分PM

開発課の島田です。ポーラスタングステンを作製する場合、狙った気孔率で作製しますが、加工後に穴が埋まってしまうことがあります。そこで前回ご紹介した電解研磨とは異なりますが、ポーラスタングステンの表面加工にトライしてみました。

穴の埋まったポーラスタングステンのSEM写真が以下になります。

エッチング前

穴がつぶれていて、ふさがっています。

この試料を溶剤に浸しエッチングさせて溶かします。溶かしすぎると試料自体がボロボロになってしまうため、頃合を見て確認します。

③-1 H2O2×12min ×1000

穴が確認でき、ポーラス体だとはっきりわかります。

今回のテストでは、表面を後加工することで塞ぎ込み取り除くことができました。ただ、完全にコントロールできているわけではありません。今後は加工の幅をさらに広げられるようにしていきたいと思います。

 

話は変わりますが、先日再生可能エネルギー世界展示会に行ってきました。展示会では様々な分野の再生可能エネルギーについての研究成果、技術や製品の紹介をしていました。世界的にもクリーンなエネルギーを使用していこうという流れであり、当然日本もその方向に向かっています。ただ費用や効率化等の課題も多くあります。岳石電気としては、こういった地球環境に貢献できる課題に対しても積極的に挑戦し、支えていきたいと思います。

いざ、中国出張へ、、、

2018年06月20日 (水)18時34分PM

技術課の芭蕉です。

 

ついに私の出番が回ってきました。

そう、、、中国出張!!

 

今回は、開発課長の木村,営業の茂呂,私の3名で6/25~6/29の5日間行ってまいります。

中国デビューとなる今回の出張なのですが、出張に行く前から中国企業で働いていた実績のある茂呂より、

初めて来る日本人はお酒で潰すのが風習だと脅されており、普段から家でお酒をほとんど飲まない私は不安でいっぱいです。

 

今回の出張の目的は既存のランプ事業の顧客先への営業,打ち合わせがメインとなります。

特に重要な製品は、植物育成用ランプとして需要のあるセラミックメタルハライドランプです。

タングステン,モリブデン,ニオブから構成される電極を使用するのですが、この構成の中にサーメットと呼ばれる部品を合わせた電極を弊社では製造しております。

 

サーメットはモリブデンとアルミナの焼結体なのですが、こちらの材料は弊社にて自社開発したものとなります。ランプのバルブには石英ガラスを使用する為、サーメットは熱膨張係数がガラスに近い為、うってつけの素材です。

 

営業をするにあたり、弊社独自の製品,技術があることは非常に強みになっております。

サーメット開発には、私は立ち上げから携わっており、長年の歳月をかけて量産製造ができるまでになった歴史を振り返ると非常に思い入れのある製品となります。

今回の営業でなんとしても仕事につなげられるように頑張りたいと思います!!

 

焼結技術を応用した製品として、HEAVY SOURCE という釣り具のブランドを立ち上げており、ネット販売しておりますのでこちらも合わせてご参照下さい。

 

 

 

 

 

配管変更

2018年06月08日 (金)17時52分PM

生産技術を担当している矢後です。

長かった花粉症との戦いも終り、過ごし易い季節もあっという間に過ぎ去ってしまい、

梅雨の季節となりました。

 

今回は、前回のブログで紹介したチラー置換えによる、対象設備である“焼結炉”の

冷却配管変更についての内容です。

チラー置換え時に冷却効率を重視し、対象設備である焼結炉の冷却配管を変更しました。

その時は前回のブログでお伝えした通り、チラー本体の容量アップ、炉本体(胴体部)OUT側への冷却水配管を増設し冷却効率を向上させた事によりチラー戻りの水温を10℃下げることが出来ましたが、稼働時(1700℃)に炉本体の温度を確認したところ、炉の下側は手で触れても問題無い熱さでしたが、上側は熱く、火傷する温度になっていました。

使用頻度の変化も有り、以前はどのような状態だったか未確認だった為、取りあえずは安全カバーを設置する方向でいましたが、別件でトラブルが発生しメーカーにて調査してもらったところ、冷却水の流量・流路についてアドバイスをいただきました。

その内容をもとに社内で検討し、配管変更・改造を実施しました。

P1180371-1

配管変更部

 

流水効率を良くする為にOUT側を2系列に変更し、これに伴ってOUT側に

フロースイッチを増設。

P1170996-2    P1180008-3

変更前                     変更後

P1170999-3     P1180012-3

変更前                     変更後

 

変更した結果、劇的では有りませんが、炉の上部・中部で約10℃下部で約5℃下がり

効果は確認出来ました。

炉の上部の温度が火傷するほどの温度には変わりない為、安全を考慮し安全カバーも

設置しました。

P1180382-2     P1180383-3

設置前                      設置後

今後も引続き冷却効率を高めるのを目的に、蓋部冷却系統の改善を検討していきます。

 

 

 

強い「チーム」って、なんだ?

2018年06月01日 (金)19時04分PM

お疲れ様です。開発を担当している森です。
タイトルのとおり、今回はいつもとは違う話をさせてください。

 

突然ですが、私はラグビー経験者です。今は現役から退いていますが、15年ほど経験しました。マイナーなスポーツですが、2015年のワールドカップ-イングランド大会での日本代表の活躍を覚えている方も多いのではないでしょうか。日本代表は最強の敗者とも呼ばれました。

 

いま日本のラグビー人口は11.5万人※だそうです。日本の総人口1億2600万人に占める割合はなんと0.09%です。
※http://publications.worldrugby.org/yearinreview2015/en/66-1

 

国内ではなかなか普及しないスポーツですが、それでも平尾誠二さん(2016年10月に永眠されました)のことを知らない方は少ないのではないでしょうか。以前、次の本を読んだのですが、その中に興味深い内容がありましたので、ご紹介したいと思います。

 

 

【 友情  平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」 】  山中伸弥、平尾誠二・惠子 著  講談社

 
山中 ラグビーはチームプレーを考える必要がありますね。それがきちっとできるチームが強くなっていく。

 

平尾 そうですね。

 

山中 僕は中学時代から8年間柔道をやって、ラグビーをやったのは大学時代のわずか3年間。そのあとはトライアスロンやマラソン、趣味でちょっとゴルフをしたりと個人競技ばかりだから、「自分さえ頑張れば」っていう気持ちがあるんです。

 

平尾 僕の勝手な考えですけど、ラグビーはチーム競技か個人競技かっていった時に、実は個人競技の部分が圧倒的に多いと思うんです。たとえば、チームワークという言葉の概念を日本人に訊くと、だいたいの人は「助け合い」と、きれいに回答しはるんですね。どっちかというと美しく語る。でも、チームワークというのは、実はもっと凄まじいものやと思うんです。いちばんすばらしいチームワークは、個人が責任を果たすこと。それに尽きるんですよ。

 

山中 なるほど。

 

平尾 そういう意識がないと、本当の意味でのいいチームはできない。もっと言うと、助けられている奴がいるようじゃチームは勝てないんです。

 

山中 それはそうですね。

 

平尾 助けられている奴がいるってことは、助けている奴がいるわけです。その選手は、もっと自分のことに専念できたら、さらにいい仕事ができるんです。強い時のチームっていうのは、助けたり助けられたりしている奴は一人もいない。どの選手も、プロフェッショナルとしての意識が非常に高くて、本当に貪欲に挑み続けて、できなかったらそのことに対して最大限の努力をしていく。それが、一人一人の選手が持たなきゃいけないチームワークとしての姿勢だと思うんです。

 

山中 なるほど。

 

平尾 それがなくなってきた時に、チームとしては弱体化しはじめるんです。甘えはよくない。プロフェッショナルな気持ちを持つことが大事。だから強いチームって、意外に一人一人が仲いいことはないんですよ。日常的には一人一人が自分のペースをしっかり持っていて、普段はそんなにベタベタ仲良くしてないんだけれども、いざという時には、ある目的に関してプロフェッショナルな仕事をするという意味でね。・・・

 

 

この考え方には異論もあるかもしれませんが、平尾さんは結果を出してきた方ですので説得力があります。私もそのとおりだと思います。

 

我々もさらにお客様のお役に立てるよう、より強い「チーム」を目指し、頑張りたいと思います。

 

 

ところで来週から一週間ですが、海外営業の大坂と二人で、サンディエゴで開催されるアメリカ質量分析学会に行ってきます。内容については追ってご報告できればと思います。

工場見学!

2018年05月28日 (月)18時31分PM

久々に登場の川上です。

 

工場見学と言えば地域柄、小学生の頃は地元・秦野の「日本専売公社(現JT)」に見学に行った事を思い出しました。子供がタバコの工場見学をするとは今思うとシュールですが、お土産はさすがにタバコでは無くジュースを2本貰った記憶が有ります。他にも平塚の「日産車体」を見学し、フェアレディZの下敷きを貰ったりと工場見学と聞くとワクワクが止まりません。三つ子の魂百までで、岳石電気で働きだしてからもお客様の工程を見学させて頂くと色々と勉強になります。

 

さて、何でこの様な前置きになったかと言うと、現在とある案件で、キリンさんとの開発案件が有ります。守秘義務が有るので、どの様な開発品なのかは明記出来ないのが残念ですが、弊社にとっても新しいチャレンジとなる様な製品群となり、関連する項目を色々と調べてみるとPETボトルひとつとっても非常に奥が深いと感心させられました。特に子供の頃は当り前だった瓶から缶を経てPETボトルに移り変わる為の開発秘話など非常に興味深かったです。(子供の頃、瓶を酒屋に返却すると30円貰えましたよね)

 

そこで、今回はGWを利用して「キリンビバレッジ 湘南工場」へ仕事半分、家族サービス半分、家族で一般工場見学に行ってきました。

 

広大な敷地にそびえ立つ湘南工場。定刻に駐車場に入ると事務のお姉さんがお出迎え。恐縮しながら集合場所へ向かうと沢山の家族連れが。

プロジェクターでの説明から始まり、いざ工場見学へ。残念ながら工場ライン自体はGWメンテナンスの為、稼働していませんでしたが、随所にTVモニターが設置され丁寧に説明がありました。PETボトルが原材料から最終形になる様や、徹底的な品質管理、オートメーションで製品が流れ、梱包されていく姿は圧巻でした。

「将来あの場所にあの開発品が使われるのかも、、、」と、一人納得しながら見学しました。

 

写真1 写真2

 

 

最後には、家族集合写真をPTEボトル用のラベルに印刷されたものをお土産として頂き、家族連れの方にはおススメなお出かけスポットでした。

 

先に述べた様に詳しい案件内容は書けないので、ただの休日の過ごし方報告になってしまいましたが、自分の携わっている仕事が目に見える形で役立つかと思うと、がぜんやる気が出てくる今日この頃です。

 

弊社では難削材の加工を広く取り扱っておりますので、加工全般でお困りの事がございましたらご用命ください。

それでは、また次回お会いしましょう。

中国のタングステン材料メーカーを探る!

2018年05月18日 (金)08時26分AM

営業の茂呂です。

 

最近は夏日を記録するなど、夏の足音がじりじりと近づいてきている季節になりました。GWも終わり、なかには休みボケが抜けきらない人もいるのではないでしょうか。

私は今年はじめて日本のGWにUターンラッシュ(国道246号線の上りで渋滞20km)を経験しましたが、日本も中国に負けずなかなかの民族大移動ぶりですね。もちろん大渋滞を抜けきれずに途中であきらめて実家に引き返したのは言うまでもありません。

 

さて、たまにはイベント関係の記事だけでなく真面目に仕事の話をしたいと思います。

みなさんご存じの通り、弊社で取り扱っている材料のタングステンの80%以上(原材料)は中国から供給されています。また、日本国内でもタングステンワイヤーや棒材などを取り扱う会社は数社ほどしかなく、材料が手に入らなければ弊社も製品を作ることができません。

 

そこで最近は弊社でも中国製のタングステンワイヤーなどを評価するべく中国国内の材料メーカーの調査に奔走しています。

ただ、ご存じの通り中国メーカーは品質の良さがピンキリであり、品質が安定している日本のビジネス感覚で取引をすると、あとで痛い目を見ることになります(実際に痛い目を見た会社は数えきれないほど知っています)。私も10年近く中国で仕事をしていましたが、残念ながら「中国製は安かろう悪かろう」が平気でまかり通っている世界でした。中国メーカーからしたら「売り逃げれば勝ち」というビジネススタイルですね。

 

そんな中で「品質は日本メーカーと同等でかつ価格が安い中国メーカー」を探さなければいけません。言うのは簡単ですが、実際に探すとなるとけっこう大変です。

 

中国でこのような材料メーカーを探す場合、インターネットが一番簡単ですが、中国ではインターネット規制がかけられており、Googleをはじめ、私たちが使い慣れたITツールのほとんどは利用できません。また、中規模以下のメーカーになれば会社のHPすらありません。

ではどうやってそんなお宝のようなメーカーを見つけるのか?

 

インターネットが使えなければ足を使うしかありません。現地に赴くのです。ただ、闇雲に現地に行っただけでは経費の無駄なので、あらかじめ中国に行く目的(展示会の視察など)をはっきりとさせておきます。

 

展示会などで運よく合格基準に達した中国メーカーが見つかっても安心はできません。なぜなら中国メーカーは最初にチャンピオンサンプルを試作で出して、途中から品質が悪くなることがよくあるからです。したがって中国メーカーと付き合うなら、「私たちが技術指導をして中国メーカーを育てる」という長い付き合いを覚悟したうえで取引をはじめる必要があります。

ただ、残念ながら中国メーカーは往々にしてある程度の技術力がついたらほかのメーカーに鞍替え、もしくはお客を根こそぎ持って行ってしまうこともためらわないため、難しいところでもあります。

 

それでも弊社は品質の良い製品をより安く提供できるよう日々奮闘しているので、今後とも岳石電気をよろしくお願い致します。

Quantum computer – 量子コンピューター

2018年05月02日 (水)14時12分PM

ある研究機関から、岳石のホームページに問い合わせがありました。量子コンピューターを開発しているグループです。このグループが開発を進めている、量子コンピューターが実現すると、現在のスーパーコンピューターでは恐ろしく時間がかかる計算問題なども秒単位で処理できるといった、これまでに無いハイスペックなコンピューターができる予定です。

 

このグループによると、現在開発中のコンピューターは非常に大型なものになってしまうそうで、完成するとサッカーのピッチよりも大型のものになるのではないかとのことです。製造する際には少なく見積もっても100ミリオンポンド(日本円で150億円)ほどかかってしまうということですので、量産をするというよりも、これまでに解くのに時間のかかった、または、答えを導くことができなかった問題を解くのに使用するようです。

 

岳石が話を持ちかけられたのは、4月の中旬で、実際にプロジェクトにかかわっていくのはこれからになりそうです。今回、岳石に相談があったのは、3つの部品から成り立つアッセンブリー品で、非常に小さなヒーターコイルと2つのセラミックパーツをアッセンブリーします。使用条件が相当厳しいので、現在材料の選択から始めています。概略図を基に、担当者と打合せを重ね、材料の選択、製造方法をこれから検討していきます。

 

グループの担当者からは、概要についての紹介を、岳石のブログにのせても構わないとのことでしたので、簡単ではありますが、紹介いたしました。

 

営業 大坂

 

 

様々な熱処理

2018年04月28日 (土)00時57分AM

開発部の木村です。

4月ももうすぐ終わりですね。

最近、夏日となるような日もあって、暖かいというより暑い日が多くなってきました。

社内の熱処理装置の周辺がつらい季節の到来です。

 

さて、今回は、当社の加工技術のひとつである熱処理に関しての内容です。

主にタングステン、モリブデン製品のアニール処理で使用している管状炉をはじめ、焼結やロウ付けなどで使用しているマルチ雰囲気(水素、アルゴン、窒素、真空)や、高速高温真空加熱炉(max2800℃)など、当社では、様々な熱処理装置を保有し、それらを使い日々の生産活動や実験を行っております。

炉P1170646

 

ある開発品の作業効率化と品質向上を図るために、炉内の温度分布を温度帯毎に測定を繰り返して、少しでも均熱域を広げる実験をしたり、また、温度プロファイルや処理条件の見直しによる改善を進めているものがあります。

 

製品によって、急激な温度変化がダメなもの、露点管理がシビアなもの、真空制御が必要なものなど色々とありますが、この製品は、比較的時間をかけてゆっくりと温度を変化させる必要があって、なかなか効率的な作業が出来ていませんでした。

 

ところが、社内で保有するある技術、方式を採用することで、処理時間を短くすることが可能となりました。

 

社内には多くの技術が存在していて、それらを更に発展させたり、それらを融合させることで、新たなものへと昇華させることができると教えられた良い事例だと思います。

 

 

ところで話は変りますが、最近のマイブームが、普段から煮物、揚げ物、炒め物などで使っているダッチオーブンでの燻製づくりです。

 

桜のチップでベーコンを作ったり、卵、チーズ、ソーセージを燻製にしています。

 

datch

egg

bacon

ダッチオーブン内を桜チップのスモーク雰囲気に保ち、温度80~90℃、保持時間を1時間で熱処理終了です。

めちゃくちゃ旨いです。(スモーク様様)

 

電解研磨から最新技術へ

2018年04月20日 (金)14時20分PM

開発課の島田です。

 

最近はだいぶ暖かくなり、花粉との戦いも終盤をむかえ、夜がだいぶ寝やすくなりました。逆に、朝が起きるのがつらくなり睡魔との戦いになっている今日このごろです。

 

さて今回は、以前ご紹介した電解研磨について他の加工例を紹介したいと思います。電解研磨は以前もご紹介した通り電解液中でワークを通電させることにより、金属の表面を溶かす加工技術になります。今回は部分的な研磨を実施しました。

 

コイルの中心部分のみを研磨させ線径を変えたモノが以下になります。

IMG_3009-2

 

研磨部分を拡大したものが以下になります。

MSP00002

 

今回は、コイルの中心部分の一ヶ所を単純に研磨しましたが、条件を検討することで、複数個所を研磨し自由に線径変更ができると思われます。また、タングステンポーラス体等を研磨させることで、気孔率のコントロールも可能と考えています。そのような技術を構築することで、気孔率を増やしたフィルターや表面積を増やした電極材等にも応用の可能性があります。技術としては単純に溶解させているだけですが、突き詰めると多様な可能性があります。その技術をさらに広げ、最新技術のモノにも展開させていきたいと考えています。

QC活動とコストダウン

2018年04月13日 (金)18時26分PM

技術課の芭蕉です。

 

毎年思うのですが、1月,2月,3月が過ぎるのが早いと感じるのは私だけでしょうか?

あっというまに4月に入り、先週末に会社の花見大会が終了しました。(前回のブログでご紹介しておりますのでそちらも是非ご覧ください)

会社の花見大会では、予想よりも開花が早かった為、「花より団子」状態でしたので、変わりといっては何ですが、3月末頃に姫路方面への出張があり、姫路城の写真を撮りました。

DSC_0613

「お城と桜」風情があってよいですね。

平日の真昼間だというにも関わらず、観光客がいっぱいで賑わっていました。

春休みなんでしょうか?うらやましい!!

 

さて、今週の初めに弊社に海外のお客様が来られた時の打ち合わせ内容の一部をご紹介したいと思います。

 

今回のお客様の来訪目的の一つの中に、量産品のコストダウンの話しがありました。

打ち合わせのチームを2つに分けて行い、片方のチームでは、2019年~2021年までのコストダウン計画について。もう一方のチームでは、ある特定品種の弊社の生産工程を開示し、製品の作り方から発注形態等も含めて、コストダウンをする為に必要な改善方法について議論しました。

 

私は後者のチームに参加し、始めに弊社の工場を見学。コストダウンに該当する品種の生産工程に沿って工場を回り、お客様から生産方法や、製品のタクト等を細かくヒアリングされながら行いました。

その後、会議室に戻りブレインストーミング法を用いて打ち合わせを進めていきました。

 

DSC_0614

 

上記の写真は、会議に参加したメンバーの記載した意見を分類分けしたものです。

手順としましては、、、

 

①改善案を配布された紙に1つ記載する

 

②記載した紙を集めて内容を確認し分類分けをする

 

③でてきた案を踏まえて新たな意見がないか議論

 

④分類した項目について、どの程度の期間があれば取り組みが可能か?達成率はどの程度か?

その改善に取り組むのにどの程度の人と時間を要するか?設備投資は必要か? を予測

 

⑤コストダウンに効果がある改善はどの項目か?

 

上記の内容を最後に表にまとめて打ち合わせ終了となります。

 

社内のQC活動にてブレーンストーミング方を用いて行った経験はあるのですが、お客様と合同で行ったこと,1日という期間で凝縮してまとめまで行ったことは、とても新鮮で非常に勉強になりました。

 

製造業を続けていく為には、お客様の品質とコストの両方に応えていく必要がある為、日々の改善を続ける努力が大事だと改めて認識しました。

花見2018(サクラチル・・・)

2018年04月09日 (月)11時15分AM

営業の上田です。

6日(金)に恒例の花見大会を開催しました。

例年は3月末と4月初に掛かる金曜日に開催してましたが、例年この週はまだ、気温も低く、天候も安定してなかったり、サクラもまだ咲いていないなどの理由から今年は万を持して6日がベスト!ということで、幹事の皆さんも万全の体制で準備に取り組んでくれてました・・・・

ん?でも、前の週から気温があがり、サクラも満開・・・?大丈夫?と思いながら当日・・・!!夕方から「風雲急を告げる・・・」雨風じゃないかい!!誰だ?雨男!・・・・実は私の可能性が・・・大変申し訳ございません。多分私・・・です。思い当たる節が多過ぎて割愛させて頂きます・・・

ということで例年通り(?)社内、しかも雨天のため、食堂での開催となりました。

今回の花見は①花見(当たり前)②長年努めてくださった方の送別会③新入社員の歓迎会④協力会社との懇親会という盛りだくさんのテーマを持って開催されました。

 

1523237901047

まずは、今年の司会、昨年2月に入社した海外営業の茂呂君、むむっ、なかなかの安定した司会ぶりです。

 

1523237937383

乾杯後に、ご歓談、「安定の弥生鮨」

1523237953033

昨年5月に入社した吉野シェフ特性の「豚汁」が振舞われました。安価な豚肉を炙って、いろいろ入れて・・・とにかく旨い!作る人が違うとこんなに違うのか~ハイエナのように漁られ、あっという間に「SOLD OUT」

1523237920558

天候悪くても美味しい食事の前では皆さん楽しんでおられました。

 

1523237966297

さて、上述したとおり、協力会社(兄弟会社と言っても過言ではありません)の皆様のご紹介。いつもお酒の差し入れをありがとうございます!これからも末永く、よろしくお願いします!

15232379981371523238008920

イベントでは岳石電気創業期から30年以上にわたって支えて頂いた2名の方に社長から花束の贈呈。社長を「やっちゃん」と呼べる、レジェンドです・・長年ありがとうございました!

 

1523238018608

一方で、今年も多くの仲間が加わりました!期待しています!

1523238028560

社長からも激励の言葉を頂きました。

 

1523238036531

最後に4月より新たに昇進した製造副部長の菊池による3本締めで無事に終了しました。

幹事の皆さん、準備等ありがとうございます!また、お客様の皆様もいつもありがとうございます!

恒例の行事ではありますが、改めてこのような行事の大切さを感じられる時間となりました。

 

 

水流と浮力

2018年03月30日 (金)18時10分PM

生産技術を担当している矢後です。

前回のブログより2ヶ月が経ち、予定通り花粉症と戦っています。

私の場合一日一回、夜に飲むタイプの薬を服用していますが、飛散が多く症状が

激しくでてしまう日は、泉のように湧き出てくる鼻水に対処せねばならず、

仕事にならないので鼻炎用の薬を更に服用して対応しています。

(正解かは分かりませんが、効果はあります。)症状の治まるG.W位まで、

頑張っていこうと思います。

 

今回は、設備の冷却効率向上を目的に置換えたチラー稼働テスト時に発生した

意外な不具合についてです。

 

置換え前の設備

P1170157-1

 

置換え後の設備

P1170269-1

 

業者による設置後、内部に純水を注水し試運転を実施したところ15分~30分位で、

”渇水異常” により設備停止。最初の1、2回は設置の為にチラーの2次側の全設備の

循環水を抜いたことによるエアー噛み等によって、水圧・水量が安定しない為と思って

いましたが、安定後も15分ともたない状態が続きこれは異常だということになり

翌日、朝一でメーカーを呼び調査してもらいました。

調査の結果、水槽内に設置されているフロートスイッチ付近に、

水槽内配管の冷水出口(設備側への入水)と、冷水入口(設備側からの戻り)からの

水流バランスにより“渦”が発生し、その渦がフロートスイッチの浮力よりも強く、

スイッチをONさせてしまいエラーになってしまったようです。

応急処置として水槽内、冷水出入口の配管の向きを変更し、渦の発生位置を変えて

対処してもらいました。

恒久対策としてフロートスイッチ部に“遮流板”の製作・設置を依頼しました。

 

後日、遮流板を設置

P1170258-1

 

組付け後

P1170260-2

 

メーカーの担当者によると今回の件はあまり前例のないことらしいのですが、

この遮流板を設置したことにより、“渇水異常”のエラーは発生しなくなりました。

目的の冷却効果ですが、対象設備の温度を設定・環境等により異なりますが10℃

前後下げることが出来ました。これから気温の上昇する時期になるので引続き様子を

見ていきたいと思います。

また、置換え前のチラーは溶接設備の冷却に使用する為、移動しました。

今後、つなぎこみの作業を行っていく予定で今回の対象設備を含め、より効率の良い

配管の配置を検討中です。結果は次の機会にご報告します。

 

 

新たな電子源?

2018年03月23日 (金)19時51分PM

お疲れ様です。開発を担当している森です。

 

弊社は熱電子放出型の電子源を開発しており、お客様から様々なご要望をいただいております。

 

例えば、高性能な熱電子銃といえば六ホウ化ランタン(LaB6)を使用したものが一般的です。LaB6の特徴として、Wフィラメントに比べて、「高輝度」、「長寿命」であることが挙げられますが、「価格が高い」という声をよく耳にします。

 

このLaB6と、性能、価格で、どこまで勝負できるか今のところ未知数ですが、現在試していることをご紹介したいと思います。

 

MSP00003

これは、仕事関数の低いある物質を固めたものです。まだ固めただけで、何も処理していません。これをどうにかして電子源として使用できないか考えています。

 

MSP00001

ただ固めるだけでも難しいです。何度も失敗しました。

 

MSP00011

ある金属を埋め込んでみました。意図的に壊して内部の状態を観察した写真であれば格好いいのですが、作製途中で割れてしまったものです・・・。 隙間なく埋まってはいるのですが・・・。

 
暫く試行錯誤が続きそうですが、電子源のブレイクスルーに繋がればと願い、開発を進めております。

 

金属加工なら岳石電気へ!

2018年03月16日 (金)19時02分PM

技術課の川上です。

関東ではすっかり春めいて、穏やかな気候となってきましたが、今週は打合せの為、日帰り(‼)で北海道に行ってきました。

以前、このブログでも書きましたが、両親は北海道出身なので道産子サラブレッドな私ですが、生まれも育ちも秦野なので冬の北海道は大人になって初めてです。3月とは言え、歩道には雪が2m近くの壁となっており、スキー場以外では経験のない積雪量に圧倒されました。同行した陳(台湾出身)も慣れない雪の中、数回足を滑らせていました。さらに帰りの際は空港行のバスを逃してしまい、観光がてら歩いていたら道に迷い、1時間以上も凍った歩道を歩き苦労の末に帰宅しました。 これが本当の陳(珍)同中。

IMG_4030

 

 

冗談はさておき、最近は一般的な光源としての利用以外の引き合いを多く頂いています。用途は医療/分析/熱源(ヒーター)等様々です。

 

P1170254

φ0.0125㎜ニッケル線コイル

P1170252

銅線コイル

P1170251

タンタルより線コイル

 

コイルの材料も、タングステンだけでは無く、モリブデン、白金、金、タンタル、ニッケル、銅 など多岐に渡っており、コイル状では無いものも加工可能です。

業界が違えば要求事項も変わってくるので、お客様の求めている本質を理解する事が最重要だと考えています。その為には日々勉強の毎日ですが、製品がものになった時の喜びもひとしおです。

弊社では、普段扱っていない材料でも積極的に取り組んでおりますので、HPに紹介されていない形状・材質でもお気軽にご相談下さい。(守秘義務の都合上でお見せ出来ないものも多数有ります)

 

 

余談ついでに、陳(珍)百景が有ったので、おまけとして。

IMG_3657

平塚市で運転していた際に見つけた、スケールの小さいハリウッドです。大きさは2mほどで、周りに何も無い畑の端にベニヤ板らしきもので作られ設置されていました。。。グローバル化の波がこんな畑の中までやってきていますね。

 

それでは、また次回お会いしましょう。

新人営業、台湾デビュー!

2018年03月09日 (金)16時59分PM

営業の茂呂です。

先週の3月1日~3日まで台湾に行ってきました。2008年に観光で台湾に行って以来、10年ぶりの台湾となります。

 

出発当日は関東圏で春一番が予想されており、天気予報ではひどく荒れると予想されていて、交通状況は飛行機を含め、電車の運休などが相次ぎました。

ただ、羽田空港に着くころには風も止んで、空には晴れ間がのぞいていました。

 

台湾の松山空港(台北市内)までは羽田空港から約3時間半のフライト。機内で映画を見たらすぐについてしまう距離に位置しています。

ちなみに私は行きの機内で「君の膵臓を食べたい」を見ました。

 

IMG_7157

上の写真はホテルから少し歩いたところにある「台北駅」です。ホテルからも近く、歩いて行ける距離にあります。次の日はこの台北駅から新幹線でお客様のところに向かいます。その前に腹ごしらえですね。

 

IMG_7160

台湾初日の夕食は日本人行きつけの台湾料理のお店です。台湾料理ですが、お店の中はほとんどが日本人でした。お店の人も日本語を話せるので、言葉がわからない日本人でも安心して利用できます。

 

ちなみに台湾では台湾語がつかわれていたりしますが、公用語は中国語(北京語)なので、北京語を話せれば生活に困りません。ただ、中国本土と台湾で使用される中国語はイントネーションが多少違うので、最初は聞きなれずに戸惑うかもしれません。また、台湾で使用される漢字は中国とは異なり、どちらかというと日本語の漢字に近い「繁体字(はんたいじ)」が使われています(中国本土ではより簡略化された「簡体字(かんたいじ)」が使われています)。

 

IMG_7163

少し早めに台北駅に着いたので、駅構内を散策。時間が早かったせいか、構内の人もまばらです。2階にはスターバックスをはじめ、ショップが並んでいましたがどこも開いていません。

 

仕方がないので新幹線の待合室で待つことにしました。ところで私もびっくりしたのですが、台湾では新幹線のチケットが自動券売機で買えるのですね。窓口の大行列に並んで新幹線のチケット1枚買うのに30分もかかる中国とは大違いです。

 

無事に新幹線チケットを手に入れ、われら一行は新竹市へと移動です。私自身は台湾に行くのが初めてですが、今回同行している社長の嶽石、および上田はすでに10回以上も台湾に行っているので、道中も迷子になることなく手慣れたものです。

 

IMG_7165

この料理は「ニラとねぎの牛肉炒め」でした。

 

IMG_7167

これはみなさんも知っている通りの麻婆豆腐です。ただ、辛かったです。私はパクチーだろうが何だろうが食わず嫌いがないのですが、辛い物だけは食べられません。初日も麻婆豆腐を食べましたが、同じ料理でもお店によってまったく味付けが違います。

 

 

午後にもう1社、お客様を訪問し、夜の新幹線で台北へ。2泊3日の短期出張でしたが、台湾がリトルジャパンと言われるわけが分かりました。台湾ではラインも使えるし、グーグルも使えるし、インターネットも特に規制がかかっていないため、中国語が分からなくてもたぶん生活に困らないと思います。

 

弊社も台湾をはじめ、グローバルな市場で仕事をしています。海外市場は今後、ますます重要になってくることは間違いありません。特に弊社のようなニッチな材料を扱う市場にとって海外市場(特に中国)は欠かせなくなってきます。

 

これからもいろいろと新しいことに挑戦し続ける岳石電気なので、よろしくお願いいたします。

植物育成用ランプ(Holicultural lamp)

2018年03月02日 (金)17時32分PM

営業の大坂です。

昨年、とあるヨーロッパのランプメーカーを訪問したとき、『Holicultural Lamp』は売れ行きがよいというのを聞きました。そこで、少し植物育成用ランプに関しておさらいをしてみました。

 

去年の出張中は晴天に恵まれ、気温も晩秋から冬のヨーロッパにしては、ヨーロッパの人間が驚くほど高かったのですが、通常は曇天の日が多く、『何か暗いなぁ』といったイメージがあります。

 

植物育成用ランプ

LEDVANCEという会社のホームページに載っていたのですが、植物育成の盛んなオランダでは、夏の晴れたときには、100,000ルクスほどある明るさが、冬には10,000ルクスに届かない日が多いそうです。そこで必要となってくるのが、植物育成用ランプです。

roses_2

花、果物、野菜をグリーンハウスで育成しますが、必要とされる分光分布(Spectrum)は千差万別です。ただ、ランプに高効率を求めるために、ヨーロッパでも、アメリカでも、植物育成には、ナトリウムランプが一番多く使用されているようです。トマトなどといった、特定の植物には、ナトリウム灯の分光分布が植物育成にあっているようです。

 

LEDを使った植物育成というのもあるようですが、波長が非常に狭い(ピーキーな)LEDは中々苦労をしているようで、色々と制限があるようです。例えば、写真のような工場で使用すると、光量が足りませんし、広い分光分布を持とうとすると、波長が狭いLEDをいくつも器具に並べなくてはなりません。

 

ある特定の植物を育てるためには、非常に広い分光分布と光量が必要となり、LEDはこの分野では出番がなく、この分野で使用されるのは、太陽光に非常に近い、広い分光分布を持つといわれている、セラミックメタルハライドランプ(セラメタ)で、特に北米で販売量が増えているようです。日本のランプメーカーも、つい数年前までは、セラメタを製造販売していましたが、残念ながら自分の知る限り、日本でセラメタを製造しているところはありません。将来的にランプが必要となったら、中国から購入になるのでしょうか?

 

   古い記事 »

年別アーカイブ

カテゴリー

* RSS FEED